2018年6月11日月曜日

消防訓練を実施しました

消防訓練実施

6月11日(月)消防訓練を実施しました。

今回は岩国地区消防組合員の指導の下、料理室をご利用中の方々とご一緒に消防訓練に参加しました。通常は2人勤務ですので、初期消火&避難誘導係と119番通報係のふたてにわかれて行いました。

火災報知器が鳴り、1人はどのスイッチが点灯しているか自動火災報知器の警戒区域図で火元を確認し、現場にかけつけ、大声で火事を知らせます。その後利用者の方を避難口に誘導し屋外の非常階段から避難を完了しました。

もう1人は119番通報をし、火元はどこか、火災の状況(初期消火は行ったか、館内に何名残っているかなど)を報告しました。

その後ホールに集まり、消防の方の気づき点を伺い、参加された利用者の質問に答えていただきました。





続いて駐車場で実際に水消火器を使用し、消火活動の練習を行い終了しました。









《消防職員からの注意点》

・火災現場から避難するときは延焼防止のため、扉を閉める。
・ガスはすぐにきる。
・消火するときは火元を狙い、火が小さくなったらだんだん近づいて消し止める。
・天井まで届いている時はもう避難を優先する。


《利用者の感想》

・地域で行われている消防訓練に参加しているので、慣れてはいるが勉強になりました。
・家の消火器の使用期限が切れていないか点検をしたい。
・屋外階段(非常階段)に手摺りがあるので足が悪くても安心して避難できました。


前回までは、休館日に職員のみで行っていましたが、今回初めて消防職員、利用者の方も交えての消防訓練となりました。通常は2人勤務なので本番さながらの、ましてや消防職員の方がおられるので大変緊張しました。(テストを受けている気分)
職場でも家庭でも火の用心!